FC2ブログ
亀んちゅの部活動

部活動の記録 ☆カメ飼育繁殖日記・サボテン栽培日記・釣行記☆

ホーム 全記事一覧 次ページ >>

プロフィール 

亀んちゅ

Author:亀んちゅ
カメが好き!サボテンが好き!
釣りが好き!カラオケが好き!
体操競技が好き!
趣味を部活と称す
亀んちゅの部活動の記録...

 

カテゴリ 

最新記事 

最新コメント 

回収2

先週のいつだったか覚えてないが、帰宅してエサをあげようとした時のこと。
シェルターの奥にいるクモノス。
顔をみると産んだ後のような表情。
なんというか、体力を使った感が表情にでるんだよね~

シェルターの奥だけに面倒くさかったので、週末の掃除の時にでも確認してみるか。

16313.jpg
回収!
今回は穴掘りすら見かけなかったけど、産んでる感じの時は産んでる。
そして無事回収できる。
どう考えても人間に見られた時はワザと卵を割っているとしか思えない。
ホントにそうなのかなぁ・・・
だとしたら、そうとう賢い!
欲を言うならその後でちゃんと回収して孵化させてくれるってことを理解して欲しい(笑)
そこまで賢かったらコワイけど。

16314.jpg
1クラッチ目は割られ、2・3クラッチ目は回収!
これで2卵。
おそらくこれで今年は終わりでしょう。

今まで孵化した個体は柿事件で死なせてしまった♂の仔ばかり。
(腹甲の特徴的な多甲板が親である証)
今の♂親から仔がとれるかどうかなので、この卵は重要!

無事、孵化しておくれ!
スポンサーサイト
2018/12/10 16:15|クモノスガメTB:0CM:0

リフォーム

屋外の水槽は経年劣化で手直ししなきゃなぁ…
と、常々思っていた。
冬眠に入り上陸しなくなった今がチャンス!
ということでリフォーム!

16171.jpg
水中のスロープは今までより10cmほど短くした。これでメンテナンスが少し楽になる!

スロープの人工芝がボロボロになったからリフォームしたわけで、また人工芝をはってしまったら数年後にまた・・・。
リフォームの手間がイヤなので、今回は人工芝ナシ!アルポリにPカッターで溝を作って足掛かりに。
これで難なく上陸できるなら次のリフォームはかなり先の話になるでしょう。
あと10cmほど水を足してフタして終わり。

問題はここの住人。
現在、ニホンイシガメ♀が2匹、ジャンボクサガメ♀が1匹、ウンキュウ♀が1匹の計4匹が住んでいる。
元々、ニホンイシガメのために作った水槽なのに♂がいない!
ここに♂を導入するとなるとクサガメは移動してもらうしかない。
まぁ、ウンキュウはいてもいいでしょう。

来年こそはニホンイシガメの♂をゲットしたい!
ゲット後の問題はそれから考えよう(笑)

生体の写真がないのも味気ないので・・・
16194.jpg
先日のホームセンタークサガメ。
いい感じに怪しい!
また探しに行ってこようかな。
同じ感じでペアにしたい!

16193.jpg
先日のハイポクサガメ。
何も言うことはない。現段階では♀っぽい。
この手のモノは♀の方が飼っていてうれしい。
黒化しないし、大きくなる分だけ見ごたえもある。

ただ、我が家には♂が少ない!
この個体が♂なら夢が広がるだけに複雑な気分。
まぁ、性別が確定するまでは深く考えないようにしよう。
2018/12/05 09:39|ミズガメ部TB:0CM:0

とんぶり

昨日はとんぶり。
欲しい個体は先日のHBMで予約していた(持ち合わせがなく、とんぶりで受け渡しをお願いした)ので、急ぐことなくゆっくりと。

ところが開場後に到着したものの長蛇の列!
こんなことならもう1時間遅く行けばよかったと思うくらい。
まぁ、同行した友人と喫煙所で会った友人との3人でしゃべりながら並んでいたので苦ではなかったけど。

そして戦利品は・・・
14810-.jpg
予約しておいたモリイシガメ。
♀単品じゃ役にたたないので、♂になることを期待して購入!
またしても♀だった場合の対策もしてあるので安心!

14811-.jpg
ミツユビハコガメ。
これに関しては来年も追加していく予定。
個体差が激しい種は楽しみが多い!
モリイシがなければ3~5匹くらい欲しかったのだけどね~
懐事情が・・・

14812.jpg
予定外のクサガメ(笑)
アルビノポシブルヘテロ。
ポシブルとはいえ、1000円となれば買って損はない!
どーせクサガメだらけなんだから。

14813.jpg
これまた完全に予定外!
自分でもなんで買ってしまったのだろうというくらい無計画(笑)
T+のヘテロ。ポシブルではない!
そして500円となればギャンブルしたくなってしまう。
セコイ金額でのギャンブルだけど。
2匹買ったもののペアにならなければ意味はナシ!
屋外水槽にはゴースト的なのもいるから2匹増えても変わらないということで。

そして某カメラマンの誘惑でアメハコ本を買い、
某獣医さんと飲みに行く約束をし、一緒に並んだ友人とも飲む約束をしてきた。
久しぶりの飲み、初めての飲みと、飲み約束のために会場へ向かったとも言える2018とんぶりであった(笑)
2018/11/12 10:34|ミズガメ部TB:0CM:0

パキポディウム。
イモムシもつかない、バッタも齧らない。
それはキョウチクトウ科の植物で毒があるから。
毒の強さはピンからキリまである。
パキポディウムの毒がどれほどの強さかは知らないし、試すつもりもない。

我が家にはパキポディウムがたくさんある。
夏の植物で冬の寒さには弱い。
冬は暖かい場所で管理する必要があり、リクガメケージの中に間借りした。
ケージ内のシェルタの上に鉢を置いた。
登れる場所にはタッパー容器でガードした。(タッパーの中も鉢で重さをかけて)

が、事故は起きた。
タッパーを少し動かし壁との隙間を子亀が登っていった。
そして、パキポの幼苗の鉢を落とした。

それを拳サイズのマルギが食べた。
14579.jpg
ちょうどこのくらいのサイズの幼苗を2本。
草丈2.5~3cm、茎の太さは5mm程度。

ヤバイ!と思ったが、その後も野菜を食べる。
小さな苗だから気にしなくてもいいのかな?

翌日、沈痛な表情のマルギ。
あまり動かない、野菜も食べない。
パキポのせいなのはすぐにわかった。
下痢したりはするんだろうが、数日あれば元にもどるのかなとタカをくくっていた。

その翌日、死んでしまっていた。
パキポ以外に原因は思い当たらない。
まさかたったあれだけの量で死に至るとは・・・

植物のキャパオーバーが招いた事故。

この夏にはマルギの親を屋外飼育で死なせている。
カチカチになった糞が詰まっていたことからも、飲み水の不足→排出できない→食べない→衰弱だろう。
こえの屋外まで目が行き届かなかったことが原因。
つまりカメもキャパオーバー。

残った拳サイズのペアで再起をかけたが、パキポ事件でパー。

マルギは絶えてしまった。

もうダメだな。
キャパオーバーは悲劇しか生まない。
残ったカメ・植物をしっかり育てるためにも放出して数を減らすことにしよう。

自分のふがいない飼育・栽培に嫌気がさす。
飼育者失格だと思ってもやめられない。
ホントに飼いたい種に絞ろうと思う。

最優先種は・・・クモノス・アフガン・カザフ。クサガメ・キボシ・モリイシ。
それ以外は徐々に放出しよう。
ま、やりかけたアメハコはやってみるけど。

絞れるのか絞れないのか・・・

あ~、ダメだなぁ。
ゼロにしないといけないのかもしれない。
葛藤はしばらく続くことだろう。
2018/11/08 10:40|リクガメ部TB:0CM:0

HBM

ふだんはとんぶりしか行かない亀んちゅだが、HBMへ数年振りに行ってみた。

印象としては会場が小さい分、出店も少ない。
よって見やすかった!
ただその分だけ個体数も少ないのでビミョーではある。

そして・・・カメがいない!
安定のキボシイシガメとアメハコがほとんどを占める感じ。
やっぱ販売となるとカメは割りに合わないんだろうなぁ。
特にリクガメは少ない!
亀んちゅも殖やさなきゃと思いつつも、体操とカメと植物の3足のワラジはキツイ!
必ず歪みが出る。
亀んちゅの場合はカメにしわ寄せがいった(泣)
これは絞れってことなんでしょう。
好きな種はどんどん飼って殖やしたいと思っていたが、スゴク好きな種に絞らなきゃいけないんだろうな。

探していたモノには出会えなかったが、買い物はしてしまった(笑)
そう!一番好きな種だから!

14339.jpg
クサガメのハイポ!
現物は写真よりもはるかにイイ!

親の素性を尋ねると・・・我がホーム採集地印旛沼の採集個体からの仔だそうだ。
なんでも怪しい個体が捕れるエリアがあるそうだ。
印旛周辺で生まれ育った生き物好きの友人も色変クサガメの採集者がエリアがあると聞いていた。
別ルートで同じ話がでるのであれば信憑性は高い。

亀んちゅも新たな採集エリアを開拓しないといけないようだ。

それにしてもクサガメは美しい!
ノーマルですら美しいのに変異個体もコレクションできるなんて最高な種だと思う。
亀んちゅ自身も変異個体を作出して、この楽しみを色んな飼育者に分け与えたい!と思って育てている。

と言うのは建前で、ホントはスーパーな個体を自分自身で作って飼育したいだけなのだ(笑)
2018/11/05 10:28|その他TB:0CM:0

リンク 

このブログをリンクに追加する

メールフォーム 

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

QRコード 

QR

Copyright(C) 2006 亀んちゅの部活動 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.