FC2ブログ
亀んちゅの部活動

部活動の記録 ☆カメ飼育繁殖日記・サボテン栽培日記・釣行記☆

ホーム 全記事一覧 次ページ >>

プロフィール 

亀んちゅ

Author:亀んちゅ
カメが好き!サボテンが好き!
釣りが好き!カラオケが好き!
体操競技が好き!
趣味を部活と称す
亀んちゅの部活動の記録...

 

カテゴリ 

最新記事 

最新コメント 

姫紅小松

久しぶりに多肉。
最近、塊根植物として高騰してきている(ような気がする)、姫紅小松。
亀んちゅが入手した時には花のカワイイただのメセンって印象しかなかった。

100円か200円だったし。

19500.jpg
Trichodiadema bulbosum 姫紅小松植え替え後の姿

購入から2、3年のちに塊根が生じると聞いてマジメに栽培してみた。
「根は地中にあった方が肥りやすい」と聞いて埋めた。
当然、肥り具合は見えない。
そしてさらに2、3年ほど経って掘り起こしてみると・・・
変わった気がしない(笑)
そしてやる気もなくなり放置。

そして今度は「刈り込みしなきゃ肥らない」との情報が!
刈り込まないと地上部分が栄養をドンドン使って、肥る余裕がなくなると。
しかも「刈り込んだ枝も挿し木で肥る」と!
刈り込んだ翌年には明らかに今までよりも肥った!
がぜんやる気が出てきた!

亀んちゅが思いつくだけのことはやってみた。
1.塊根部分は地中に!(言われたまま)
2.刈り込み!(これも言われたまま)
3.気に入らない塊根部分はカット!(栄養がそっちにいくのがもったいない)
4.水捌けを無視した土!(保水・保肥)
5.浅い鉢!(塊根の下への伸びを抑制)

これで2年ほど放置して今回の植え替え。

19502.jpg掘り出した時の姿
この調子で続けていこう!
ここまでくるのに10年以上はかかったなぁ。
ムダな栽培方法だったことを考えると、本気でやれば数年でイケる感じかな。

19501.jpg
挿し木の2年物。
塊根ができてきた。
もっと育ったら根の剪定かな。

親を刈り込み、挿し木も刈り込む。
これ、ドンドン増殖していく流れだなぁ。
ま、いいか。
スポンサーサイト
2019/04/15 11:06|サボテン部TB:0CM:0

2019産卵1

今年最初の産卵。
人工芝を掘ろうとしている個体がいたもんで、慌てて産卵場へ。
もう1、2か月先の産卵を想定していたのに・・・。
こんなのがいると他の個体の様子もしっかりチェックしておかないと!
てか、常によく見ておけ!って(汗)

産んだのはこのペア。
♀2ペア
我が家のパステル系アルビノポシブルヘテロの3番目のグレードの♀。
♂はこの1匹しかいないので、この♂がアルビノ遺伝子を持っていなければ、アルビノは永遠に出ない。
パステルの検証がメインなのでアルビノはどうでもいいが。

19363.jpg
産卵場に移して2日目の穴掘り。
初日は掘ったけど産まずで、産む産む詐欺も疑っていたが…。

19362.jpg
ちゃんと産んでた。
でもたったの4卵。
キャンドリングしたわけではないので、卵の状態は不明。
有精卵かもしれないし、無精卵かもしれない。
見たところで結果は変わらないので、めんどくさいことはやりたくないのが正直なところ(笑)

この産卵数、なんなんだろう。
クサガメにしては少ない。
1腹を2クラッチに分けて産むのか?
親が小さいからか?
それとも・・・
パステルの正体はハイブリ??
卵の形、産卵数、そしてパステルの黄色。
ヤエヤマイシガメ(ミナミイシガメ)とのハイブリだったとしたら納得なんだけどなぁ。
もちろんわが家でヤエヤマイシガメと掛かったなんてことはない。
あるとすればわが家の個体の親か、それより先か・・・。
疑えばキリがない。

その答えを知るために多くの親から多くのベビーを作ってみるしかない!

2019/04/11 15:56|クサガメTB:0CM:0

ハイポ

ハイポクサガメがここ最近、一気に成長した。
おそらく陸地を撤去して、常に水流の中で泳がなければいけない状況になったからだろう。
運動量と食事量は関係してるんだな。きっと。

19263.jpg
いい感じじゃないか。
とはいえノーマルと比較しなければ、ただのカメって感もある(笑)
ノーマルがいてこその変異個体ってことなのか?
仮にこの色合いの個体が流通の90%以上を占めたとする。
そうするとノーマルが欲しくなってくるのか??
ん~、感覚がおかしくなってるのかな。
変異個体という言葉に踊らされているのかな。

19262.jpg
腹甲なんてホント、ただのカメ。
まぁ、鑑賞する時に腹甲が見える機会なんてほぼないから関係ないけど。

19261.jpg
顔!パーフェクト!
完全に亀んちゅの好み!
これ以上に何を求めるの?ってくらいの感じ。

そうなってくるとこれが大きく育って美しさを鑑賞できればいいんじゃない?
ブリードってする必要あるの?
しかもヘテロ作りから(笑)
手間がかかるだけでムダなことをしてる??
いろんな思いが駆け巡る。
体操に植物にカメに・・・足りない時間を埋めるにあたって、カメが最初に削られるのか??
何年経ってもモヤモヤして中途半端。
なんとかしないとなぁ。

と言いながら、今年も採集に繰り出す。
なんせ、この個体は印旛産の親から生まれたということだから。
そんな親に出会うかもしれないと思うと宝くじ採集をやめる気持ちにはならない(笑)

結局、こうやって時間はなくなっていく…。
2019/04/08 10:08|クサガメTB:0CM:4

リニューアル

数年振りに水槽のリニューアル工事。
やりたくはなかったけれど…。
スロープの人工芝がボロボロで上陸に苦労している様子だったので仕方なく(笑)

管理の手間を省きたくて作ったのに数年でやり直しとは…。
反省を活かして今回は仕様変更!

18072.jpg
スロープの人工芝はやめて、アルポリに溝をつけたものに。
人工芝時代、スロープからの平地部分が傷みやすかったので、そこもアルポリに。
平地のエンド部分もほつれてくるのでアルポリで縁をつけ、人工芝は一段低い状態に。
これで平地の人工芝が長持ちしてくれるといいのだが。

産卵場は300×200で1匹ずつの産卵専用。
これで水場の面積も少し拡大!

現在、クサガメ♀専用になっているが変更もあるかな。
キボシファミリーが増えたらキボシ専用に変えて、クサガメは血統ごとに水槽を用意するかも。
まぁ、時がきたらということで。

18070.jpg
キレイにした水槽で見ると、カメもキレイに見えるから不思議(笑)
パステル系は♂が1匹しかいないので、近々投入予定!
ラベンダーにパステルの血を入れたくなので、その時は別水槽へ避難。
そこで別♂と同居かな。
ここの管理、大事!

18076.jpg
余談ではあるが、念願の河津桜を見に行ってきた。
短命で淡い色彩の儚さに風情があるソメイヨシノ、その真逆の河津桜。
求めるものは人それぞれだろうが、亀んちゅは河津桜の方が好き。
ホントに美しかった~!
毎年行きたいなと思わせてくれる。

18081.jpg
民家の庭にあった河津桜。
下の方まで咲き乱れていて圧巻の美しさ!

18078A.jpg
河津桜の原木。
まぁ、原木というだけで美しさとかでは一番とは言えないかな。
この木のおかげで現在があるという意味では素晴らしい。

18079.jpg
それの解説。

18074.jpg
ついつい買ってしまった河津桜の接ぎ木苗(笑)
多弁雑といって河津桜の変異個体。
名の通り花弁が多く、ボリューミーな河津桜だ。

苗木屋さんはとても丁寧に教えてくれた。
早く咲かせたければ小さな鉢に植え、木をどっしり育てたければ大きな鉢に植えるといいそうだ。
亀んちゅとしてはヒョロヒョロなのは好きではないので、時間をかけようと思う。
河津桜は親のハッキリしない苗を河津桜と称して売っているのがたくさんあるとも言っていた。
正体不明のハイブリといったところか。
アメハコなんて複数亜種で入り乱れたらアメハコだということしかわからないってのと同じ感じなのかな。
美しければ良し!
と思いつつもハッキリしたモノの方がいいと思ってしまうのは亀んちゅの性格か??
別に桜の販売をするわけでもないのに(笑)


2019/03/06 10:20|ミズガメ部TB:0CM:10

その後

昨年のハイポとHCクサガメのその後。

17549.jpg
ちょっと育ったかな。
ハイポもホームセンターも♀確定!
尾切れがどうしても気になるところだが、うちの環境では避けられない。
なんとかしなくてはいけないのだが・・・

ホームセンターは色が若干濃くなってきた。
だいぶ違う感じのスタートだったが、最終的にはちょっと違う感じで落ち着くのかな。
数年前の♂と同じ雰囲気になってきた。
旦那はそれかな。

17548.jpg
腹甲もいい感じではある。
ノーマルと明らかに違えばそれでいい。

17550.jpg
とんぶりでのポシブルヘテロはペアになる感じかな。
ポシブル2匹での関門は2つ。
1つはペアになること。
もう1つは双方遺伝子を持っていること。

どっちが大切かはなんともだけど、両方クリアしないと意味がないことは確か。

現段階ではペアっぽいけど、♀らしき方が一気に♂になるかもなぁ。
尾をみる限りビミョー。
遠近法みたいになっているが、甲羅サイズはどちらも大差なし。
♂になっちゃう気がしないでもない。
2019/01/28 11:27|クサガメTB:0CM:0

リンク 

このブログをリンクに追加する

メールフォーム 

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

QRコード 

QR

Copyright(C) 2006 亀んちゅの部活動 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.