亀んちゅの部活動

部活動の記録 ☆カメ飼育繁殖日記・サボテン栽培日記・釣行記☆

ホーム 全記事一覧 次ページ >>

プロフィール 

亀んちゅ

Author:亀んちゅ
カメが好き!サボテンが好き!
釣りが好き!カラオケが好き!
体操競技が好き!
趣味を部活と称す
亀んちゅの部活動の記録...

 

カテゴリ 

最新記事 

最新コメント 

クサガメ計画3

亀んちゅのクサガメ計画その3:《スーパーパステル》の作出。

計画その3では亀んちゅ式パステル(参照:クサガメ計画2 序章)を使った交配です。

IMG_6968.jpg

IMG_6971.jpg
この個体、実は♂なのか♀なのかよくわからないのだ。
パステルの♂ならとっくにハッキリしているくらいのサイズに育っているにもかかわらず、
ブツは出したことないし見た目もハッキリしない。
とはいえ、もっと大きな♀確定個体より尻尾はデカイ。

これから2次性徴ってことなら理解はできるし、このサイズにまでなる♂なら期待は大!
でも・・・亀んちゅの理想の《パステル》だけに黒化してしまうのは悲しい。

最悪の場合、雌雄同体で繁殖につかえない?

掛け合わせるのは《プチパステル》の予定。

《プチパステル》×《パステル》=《スーパーパステル》となるのか。
《パステル》×《パステル》以上でないと《スーパーパステル》は出ないのか。

その検証に使いたい。
これで《パステル》と《スーパーパステル》が1系統なのか2系統なのかがわかるかな。
スポンサーサイト
2016/12/07 14:08|クサガメTB:0CM:0

クサガメ計画2ー2

亀んちゅのクサガメ計画その2:《パステル》の作出。

2-2では亀んちゅ式スーパーパステル(参照:クサガメ計画2 序章)を使った交配です。

IMG_7041.jpg

IMG_7045.jpg
主役はスーパーパステル♂

これとノーマル♀をかけてどんなのが出るのか。

1:《パステル》が出るのか。
  唐草模様の出方が一番のポイントになる。
  《パステル》な模様になるなら『スーパー』、《ノーマル》に近い模様になるなら『別系統のパステル』って感じ?
2:《プチパステル》が出るのか。
  こうなるようなら完全に『別系統パステルヘテロ』ってことになりそうだ。
  その場合、『スーパー』はややこしい名称なので《パターンレスパステル》とか名称変更?
  それに伴って《プチパステル》は《パステルヘテロ》に名称変更?
3:《ノーマル》が出るのか。
  こうなると完全に《パターンレスパステルヘテロ》ってことでしょう。

この個体の親の姿情報があれば仮説もだいぶ絞りこまれるのに・・・

一からの検証ってめんどくさい。

《パステルヘテロ》《プチパステル》《パステル》《スーパーパステル》という1系統の遺伝というのが、
もっともややこしくない結果ってことになるでしょう。
そうでない方がやりがいがあって楽しいとも言えるけど。

どうなることやら。
2016/12/05 09:54|クサガメTB:0CM:2

クサガメ計画2ー1

亀んちゅのクサガメ計画その2:《パステル》の作出。

2-1では亀んちゅ式プチパステル(参照:クサガメ計画2 序章)を使った交配です。

IMG_6983.jpg

IMG_6988.jpg


IMG_6987.jpg
この♀に・・・
IMG_7035.jpg

IMG_7040.jpg

IMG_7039.jpg
この♂を掛ける予定です。

プチパステル×プチパステル=???

1:パステル度合いが増したスーパー体のような《パステル》が出るのか。
2:また同じような《プチパステル》が出るのか。
3:《プチパステルヘテロ》が出るのか。
  (このペアの血統が違う可能性アリ・入手経路は別)(さらに元の出どころが同じ可能性もアリ)

1であることを祈っているが、それならすでに大量に《パステル》が出回ってそうだし・・・

今後の検証に大きな意味をなす一番興味深い組み合わせなのだ。

一応、アルビノポシブルヘテロでもあるのでアルビノが出る可能性も秘めている。
ただ、この組み合わせからアルビノが出ても得した気分になるだけで、たいして意味をなさない。

♀が使えるようになるまで、あと2、3年かかるかもしれないのが難点(笑)

2016/12/02 15:58|クサガメTB:0CM:0

体調を崩すこともなく15年も元気にしてたクモノスが落ちた。

朝はまったくもってフツーだったのに、仕事から帰ってくると2匹も・・・。

何が原因か考えると、柿を食わせたことくらい。
送られてきた柿が食べ頃を過ぎていて(笑)、もったいないから与えてみたのが失敗だった。
と、思われる。
友人からもタンニンが多いから危ないと指摘をもらったが後の祭り。

ホントにそれしか思い当たるフシがないのだ。

他のクモノスブリーダーさんと話した時に、そこのお宅ではタンポポで複数が落ちた。
それ以外に考えられないと言っていた。

なんなんだろう・・・。

そういうものなんだろうか。
何かをキッカケに崩れるのか・・・
家電製品が一気にいろいろ壊れるように、間違った飼育の蓄積が一気に爆発したのだろうか。

死に至るストレスのある環境で複数回も繁殖成功するとは思えないし・・・
やっぱり柿しか思い当たらないのだ。

ハッキリせずモヤモヤするが柿は二度と与えない。

落ちた2匹がペアだったのがせめてもの救い。

残りの1ペアとベビー1、卵2からの再出発だ。

ものすごく高い授業料になってしまった・・・。
2016/12/02 10:02|クモノスガメTB:0CM:2

クサガメ計画2 序章

亀んちゅのクサガメ計画その2:《パステル》の作出。

パステルの遺伝法則の答えを知っている人間に出会ったことがない。
(作出者は情報発信していないと思われる)(どこの誰ってのは情報あるけど)
某ショップで聞いても作出者本人ではないから、ホントかウソかすらわからない。
結果、自分で検証するしかないと。

ややこしくなっている部分としてまず《名称》だ。
《パステル》の名で販売されたり、《スーパーパステル》の名で販売されたり。
ボールパイソンの《スーパーパステル》は《パステルのスーパー体》。
クサガメの場合は《スーパーなパステル個体》であって、商品名に過ぎないと思っている。

おそらく遺伝の法則はアカミミガメのパステルに近いだろうとは思う。
アカミミガメの《パステル》は「あ~、パステルだね!」の範囲で収まる(主観です)個体差しかない。
ところがクサガメはアカミミガメ以上にパステル度合いの差が激しいのもややこしい部分だ。

亀んちゅは検証の都合もあり、独自の視点で定義を作ってグループ分けしている。

1.《プチパステル》・・・一見ノーマルだが、ヒフにイエローがベタッと乗っている個体。
IMG_7038.jpg
こんな感じで、黄色っぽいノーマルを超えている(主観)と思えるレベルの個体。
まぁ、甲羅をみても変なのはわかるけど。


2.《パステル》・・・完全にノーマルとは呼べず、唐草模様すら大きく変化してしまっている個体。
IMG_6977.jpg
こんな感じで、ヒフのイエローがかなりの面積を占めて「クサガメ?」と思えるレベルの個体。

3.《スーパーパステル》・・・唐草模様すらほとんど消失して《黄色いカメ》になってしまっている個体。
IMG_7045.jpg
こんな感じで、もはやクサガメと思えないレベルの個体。

ちなみのこの個体は《スーパーパステル(商品名)同士から生まれた個体》だそうだ。
その両親の姿がわからないだけになんとも・・・。

亀んちゅ的な分け方の定義を踏まえて、これから検証をしていくことになる。
結果によっては亀んちゅ的名称も変えていくことになるかな。

これらの個体達に共通するのは『成長が遅い!』ってところ。
答えにたどり着くまでの時間が非常にかかる。ヘタしたらその前に死なせてしまうかもしれない。
でも答えの探すための飼育はやはり楽しい!

次回からは具体的な掛け合わせ計画に入っていきまーす!


2016/11/29 10:19|クサガメTB:0CM:0

リンク 

このブログをリンクに追加する

メールフォーム 

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

QRコード 

QR

Copyright(C) 2006 亀んちゅの部活動 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.