亀んちゅの部活動

部活動の記録 ☆カメ飼育繁殖日記・サボテン栽培日記・釣行記☆

ホーム 全記事一覧 次ページ >>

プロフィール 

亀んちゅ

Author:亀んちゅ
カメが好き!サボテンが好き!
釣りが好き!カラオケが好き!
体操競技が好き!
趣味を部活と称す
亀んちゅの部活動の記録...

 

カテゴリ 

最新記事 

最新コメント 

F2への一歩

IMG_8151.jpg
わが家で誕生した仔がついに産卵か!?
思いっきりピンボケだぁ(笑)

IMG_8150.jpg
あった!

IMG_8148.jpg
2卵。
ちょっと歪な卵。無精卵だろうなぁ。

しかし、産卵ができたという一歩は大きい!
来年は期待できるのかな!

母親健在で仔が次世代へつなぐって考えただけでうれしい!

いずれ、わが家のカメは自分のところで生まれた個体のみ!
って日がきてくれるといいなぁ。
亀んちゅが生きていればの話だが。

こんな期待の最中、別血統の♀が死んでしまった。
体調悪いようにも見えなかったのだが・・・。
しかも期待していたメニースポットだっただけにショックが・・・。

死んでばかりの今年・・・。
全体的に飼育を見直す必要があるのかな。
なんか運気が下がっているんじゃないかと不安な日々を送る亀んちゅであった。
スポンサーサイト
2018/04/19 17:35|キボシイシガメTB:0CM:0

半分

IMG_8140.jpg
今年は回収ミスを防ぐために早くから産卵場へ。
全然産む気配がなかったけど・・・
砂の上にいるのも何度も見かけたけど・・・

IMG_8141.jpg
この踏ん張りは産卵!
ちょっと安心したところで就寝。

IMG_8142.jpg
お!産んでる!産んでる!

IMG_8139.jpg
2個!?
例年の1クラッチ目からすると半分じゃないか。
久しぶりの産卵だから本調子じゃない?
次のクラッチを待ちましょうかね。
2018/04/11 15:59|ドロガメTB:0CM:0

ウインナー

2014年のポシブルヘテロ。
穴掘り動作を始めたので産卵場へ。

IMG_8129.jpg
初産です。
孵化から3年半ってところですね。
サイズ的にもまだかと思ってた。
何より♂はもっと若いからダメだろうなぁ。

IMG_8127.jpg
翌朝、掘り出すと・・・
なんじゃこりゃ?
分かれてるけどつながってる。
ウインナーかよ!

すでにカビてダメになりましたが、疑問が・・・

昨年のラベンダーもだが、初産で変な卵。
他の種の初産ではまともな卵で、初産から有精卵しか経験してない。
パステルも入っているし、変な個体はこんなところから虚弱というか生殖能力も弱いのかな?
と、不安な感じが心のどこかに引っかかる。
単純に仕上がってないだけならいいのだが・・・
サイズ的に小さいのに産むし・・・

この不安感はちゃんとした卵を産んでくれるようになるまで続くんだろうなぁ。


2018/04/04 17:43|クサガメTB:0CM:0

復活?

昨夜、最古参のキボシがウロチョロ。
普段は上陸してもおとなしくバスキングしてるだけの個体なのに。
もしや?と思い産卵場へ。

なぜに「もしや?」かというと、2010年に卵詰まりで卵巣摘出手術をしてもらったから。
卵巣の片方は残ってはいるが、それ以来産卵の気配など全く見せなかった。
先生も術後は残った卵巣で産卵するようになるか、一生産まないかは個体しだいだと言っていた。
それゆえに産まない個体として飼い続けるつもりでいたんだけど・・・

IMG_8118.jpg
水をかけたら穴掘りを始めるではないか!

IMG_8128.jpg
翌朝、確認してみると・・・
産んでる!
1卵だけでサイズも小さく、有精卵とは思えない状態だが、産んでくれたことが嬉しい!

これをきっかけに卵巣の活動が活性化してくれればと復活を期待してしまう。
2018/03/30 10:10|キボシイシガメTB:0CM:0

もはや

IMG_7843.jpg
この仔が少し育って・・・

IMG_8021.jpg

IMG_8036.jpg
こうなりました。
クサガメから遠ざかっていくのがよくわかる。

もはや何のカメだかわからなくなりつつあるが、美しく育っていると思う。
今後、どんな変貌を見せてくれるのだろうか。

ちょっとだけ楽しみ。

2018/01/16 11:29|ミズガメ部TB:0CM:0

リンク 

このブログをリンクに追加する

メールフォーム 

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

QRコード 

QR

Copyright(C) 2006 亀んちゅの部活動 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.