FC2ブログ
亀んちゅの部活動

部活動の記録 ☆カメ飼育繁殖日記・サボテン栽培日記・釣行記☆

ホーム 全記事一覧 次ページ >>

プロフィール 

亀んちゅ

Author:亀んちゅ
カメが好き!サボテンが好き!
釣りが好き!カラオケが好き!
体操競技が好き!
趣味を部活と称す
亀んちゅの部活動の記録...

 

カテゴリ 

最新記事 

最新コメント 

2019産卵12

激務のため放置状態でしたが産卵はしてます!

写真の日付をみると8月7日だったから1か月遅れ!

♀1ペア
今回もこのペア。

24033.jpg
掘ってます!掘ってます!

24032.jpg
最初のクラッチは2卵でしたが、今回は3卵。

最初の2卵のうち1卵は色彩変異個体が誕生しそうです!
顔も甲羅も明らかに色変です!
もう1卵は後ろ姿からは変異が見られませんが、生まれてみないとなんとも。
そんなんで今回の3卵からも1匹くらいは色変が出るのではないかと期待!

実は死籠もりの多さに不安になり、卵の端っこを割ってしまいました(笑)
その後、成長しているので大丈夫とは思ってますが…。
スポンサーサイト



2019/09/06 09:56|クサガメTB:0CM:2

2019産卵11

最近、クサガメしか登場してない。
でもまたクサガメです(笑)

今回はこのペア
♀1ペア
いつものプチパステル(アルビノヘテロ)♂とプチパステル(アルビノポシブルヘテロ)♀
今までの♀はパステル表現がほとんどない個体でしたが、この個体は違う!
プチとは言え、明確なパステルが表現されている個体です。
ある意味最も生まれてくる仔に興味があるペアなのです!

22986.jpg
穴掘り開始をみて就寝。

22987.jpg
翌朝、ある、ある!

って最初に見えた2卵で終わりかよっ!

発生してくれるかなぁ。
他の個体も1クラッチに1卵しか発生してないんだよなぁ。
今年はあきらめモードに入っている亀んちゅです。

これが発生するとテンションあがるのに…

2019/07/17 14:02|クサガメTB:0CM:6

2019産卵10

ヘテロに昇格した個体の4クラッチ目!
4クラッチというのは初めての経験!
1回の産卵数が少ないから?
なんなんでしょうね。

22589.jpg
例によって就寝前の姿。
まだ掘り始めたばかり。
それもそのはず。産卵場に投入したの15分ほど前だから。

22590.jpg
今回は4卵。
ヘテロとわかると回収作業もめんどくさくない。
飼育者ってそんなもんか(笑)

毎年思うのだが、産んでも産まなくてもいいヤツってよく産むよね。
産んで欲しいヤツほど産まない。

この個体よく産んでくれるしヘテロだし感謝感謝!
有精卵率が高ければ最高なんだけどな。
たぶん来年になればもっと有精卵で産んでくれるでしょう。

今年の卵の中から1匹くらい無事に生まれてくれるといいなぁ。
2019/07/05 16:02|クサガメTB:0CM:0

2019産卵9

パステル系ポシブル最下位の3クラッチ目。

朝起きると陸地で穴掘りしようともぞもぞ。
産卵場へ移動させて帰宅してからだな。

22483.jpg
出勤間際、自らの水だか尿だかわからないが産卵床の水分量を調整する。
まだ穴にはなってない。

22484.jpg
今回は5卵。
1、2クラッチよりも1卵多い。
水色のマークは親の識別用。
昨年までは回収容器にポスチイットで親情報を書いて貼っておいたのだが、いつのまにか取れて・・・
そんな事故を防ぐ意味でも卵に直接。

ポシブル検証が大変なのはどちらがアルビノ遺伝子を持っているのか、持っていないのか。
どちらも持っていないのかを確定させること。
唯一の♂がヘテロとわかると検証が楽になる。
アルビノが出れば持っている、出なければ持っていない。
わかりやすくていいなぁ。
理論上25%ではあるが、あくまで理論上。
亀んちゅ的には20匹ほど孵化させたころに判断しようと思う。
20匹孵化すればパステル表現についても何らかの方向が見えるだろう。
VIP待遇になるのか、今後の繁殖前線から退くのか。
運命の分かれ道。
なんせ、持っていなかったら生まれてくる仔は25%ポシブル。
さすがに抱えたくはない(笑)
ホームセンターにいる知り合いの店へノーマルとして放出かな。
今年は有精卵が少ないので「持っていない」場合の判断は来年に持ち越しといったところ。

やっとクサガメ計画が進んでる実感が湧いてきた!
頑張らないと!
2019/07/04 10:39|クサガメTB:0CM:0

昇格

♀2ペア
毎度おなじみのパステル系アルビノポシブルヘテロ。
このペアがポシブルヘテロからヘテロに昇格しました~
要するにアルビノ遺伝子を持っていることが判ったということ。

22328.jpg
最初のクラッチで発生していた唯一の卵。
アルビノが育ってました!
残念ながら死籠もりでした(泣)

22329.jpg
ピンボケで申し訳ない!
写真も確認せずに捨ててしまったから、この写真でガマンするしかない(汗)

頸の模様、ほとんどありません!
プチパステルの♂と頸のイエローが強い以外はほぼノーマルの♀。
それでもパステル度合は上がるんですね~
よくても「パステル」くらいしか誕生しないと思っていた。

ちなみに亀んちゅは世間の通称は無視して自分なりのランク分けの意識で考えてる。
パステルの血が入っていてもパステル表現がほとんどない個体・・・「パステルモドキ」
見る部位によってはパステル表現されている個体・・・「プチパステル」
どの角度から見てもパステル表現されている個体・・・「パステル」
模様が消失するくらいのパステル表現されている個体・・・「スーパーパステル」

パステルも劣性遺伝なのかな。
2クラッチ目以降の卵が無事孵化してくれれば、少し解明につながるかな。
ちなみに2クラッチ目は有精卵1卵。
3クラッチ目はもう少しあるかな。

次に期待!
2019/06/30 09:16|クサガメTB:0CM:2

リンク 

このブログをリンクに追加する

メールフォーム 

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

QRコード 

QR

Copyright(C) 2006 亀んちゅの部活動 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.