亀んちゅの部活動

部活動の記録 ☆カメ飼育繁殖日記・サボテン栽培日記・釣行記☆

ホーム 全記事一覧 次ページ >>

プロフィール 

亀んちゅ

Author:亀んちゅ
カメが好き!サボテンが好き!
釣りが好き!カラオケが好き!
体操競技が好き!
趣味を部活と称す
亀んちゅの部活動の記録...

 

カテゴリ 

最新記事 

最新コメント 

ポシブル2

わが家のポシブルヘテロ3匹のうちの2番目のグレードの個体。

IMG_6994.jpg
これの2クラッチ目の産卵。

IMG_8264.jpg
あら、まともそうな卵。

IMG_8265.jpg
3卵。
かかっていればちゃんと発生しそうな卵。

その後、発生も確認。
ヘテロなのかどうなのかは20匹くらい孵化させれば確定するかな。
♂のポシブルがヘテロじゃなかった場合は、この♀のヘテロ確認はできないけど(笑)

とにかくたくさん孵化させることくらいしかないかな。
残りのポシブルからアルビノが出れば♂のヘテロ確定になるから、♀のヘテロの確認もしやすいんだけどなぁ。
あと2、3年あれば決着がつくでしょう。

それよりもパステルがどうなるのかの方が興味ある。

孵化まで2ヶ月。楽しみに待つとしよう!
スポンサーサイト
2018/06/13 18:05|クサガメTB:0CM:0

ポシブル

2014年のパステル系のアルビノポシブルヘテロ。
3匹いる中の一番パステルグレードが低い個体の初産。

IMG_8221.jpg
これが♀。
パステルの気配などまるでない限りなくノーマルに近い個体。
特徴をあえていうなら唐草模様が少ないってことくらいかな。

まぁ、アルビノの遺伝子を持っている可能性があるから飼っているようなもの。

IMG_8220.jpg
これが♂。
腹甲をみると黒化が始まってきているのがわかる。
これもアルビノポシブルなのだが、パステルも表現されているので期待はこっち。

パステル系ポシブル♂はこれ1匹になってしまったので彼がアルビノ遺伝子を持っていなければアウト。
アルビノよりパステルを重視しているのでどちらでも良いが。

アルビノ系はラベンダーで攻める予定。

IMG_8219.jpg
こんな小さな♂なのに成熟しているのだろうか。
黒化が始まっているので飛躍的なサイズアップはないだろう。
パステルが入ると小さいってのは間違いなさそうだ。

IMG_8211.jpg
産んだ卵がこれ。
一番小さいのは最初(一番深い場所にあった)の卵だが、ダメでしょう。
まともに見える2つは発生している。

やっぱりこのサイズの♂でもタネ使えるんだぁ。
2018/05/29 14:53|クサガメTB:0CM:0

トラウマ克服?

1年半ほど前に前肢の切断をしたキイロドロガメ。

IMG_8203.jpg


あれからトラウマが強烈だったようで、他のカメにビビリまくり。
同種であろうが、自分より小さな個体であろうが。

昨年の未回収を防ぐために産卵場のついた水槽に入れてあったものの産卵の気配はない。
陸場にいることがほとんどでエサも食べない。
トラウマは克服できてないんだろうなぁ。

産卵よりも個体の健康を大切にという意味でプラケに移して食事をとらせる。

すると翌朝、プラケの中で水中産卵。
卵を産むくらいだからトラウマは克服してる?

ちゃんと産んでないんだから、そんなことはないのかな。

今年はボス♀も水中産卵の回収で、こちらは水槽の中で卵黄も沈むほど時間が経っていた。
今回は産みたてとみえ、卵黄も沈んでない。
IMG_8213.jpg

今では発生も確認できているので一安心。

ちなみにボスの卵も発生している。

水中産卵溺死のボーダーラインってどれくらいなんだろう。

さすがにわざわざ実験はできない。

3ヶ月後の孵化を待ちましょう!
2018/05/25 19:05|ドロガメTB:0CM:0

2018ペンドロ2

昨年、♂を連れてきたことでブリード再開したペンドロ。

今年の1クラッチ目からずいぶん時間が経つが2クラッチ目にいく気配がない。
まだ本調子ではないのだろうと思っていたら産む。
生き物はことごとく予想を裏切る。
予想の立て方の問題か(笑)

IMG_8194.jpg
1クラッチ目と同じような写真(笑)
産んでる場所は違うんだけどね~
まぁ、写真を撮る時のクセというか感性というか。

IMG_8196.jpg
今回は3卵。
そして、相変わらずのピンボケ(> <)

前回の分も順調に発生してるし、今回もイケるでしょう。
次のクラッチに備えて栄養をとってもらおう!

特別なエサを与えるわけではないけど。
2018/05/18 09:22|ドロガメTB:0CM:0

反省

朝、ふと水槽に目をやると卵が転がっている。

またやってしまった!
産卵場を開放しなかったことによる水中産卵。

昨年、水中産卵で全ての卵をダメにしたキイロドロガメ。

その時は思った。
産卵したい仕草が見えなくても、早い時期から産卵場を開放して準備しなければ!と。

その反省も活かされず、今年も同じことを(> <)

幸い、食べられることもなく、回収することはできた。
ちゃんと発生してくれるかなぁ。

何時ころに産んだかは不明だが、最大で7時間。
まだ可能性はある。

IMG_8188.jpg
4卵。
発生してくれ~

逆にちゃんと産卵場を開放していて助かったのもいる。
写真は撮り忘れた。

キボシ水槽の産卵場が整地されたようにキレイだったので掘ってみると5卵でてきた。
この水槽はキボシとラベンダークサガメだけが入っているので、このどちらかなのは確実。
孵化すればわかることだが、キボシが1クラッチで5卵はないと仮定するとラベンダー。
ラベンダーはまだ若いのでまともな卵を産んだことはないが、今回はまともに近い。
卵の形もキボシよりはクサガメの形に見える。

孵化してくれればヘテロ誕生でクサガメ計画も前進する。

さあ!産卵シーンを確認していない卵たちのあしたはどっちだ!
2018/05/17 11:53|ドロガメTB:0CM:0

リンク 

このブログをリンクに追加する

メールフォーム 

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

QRコード 

QR

Copyright(C) 2006 亀んちゅの部活動 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.