亀んちゅの部活動

部活動の記録 ☆カメ飼育繁殖日記・サボテン栽培日記・釣行記☆

ホーム 全記事一覧 次ページ >>

プロフィール 

亀んちゅ

Author:亀んちゅ
カメが好き!サボテンが好き!
釣りが好き!カラオケが好き!
体操競技が好き!
趣味を部活と称す
亀んちゅの部活動の記録...

 

カテゴリ 

最新記事 

最新コメント 

つり輪

亀んちゅが現役復帰してから5年目になる。

どんどん回復していく予定だったが、どんどん筋力が落ちていく。
年齢なのか・・・右肩腱板のせいなのか・・・
肩に関係ないゆかや跳馬は回復していってることを考えると多少の影響はあるのだろう。

完全に3本がつながってないわけで、インナーを鍛えるのはムダ。
アウターでガバーするしかないのだが、練習量が少なすぎる。

と、いうことで自宅に筋トレ用につり輪と下げてみた。

ニャンコにガリガリやられた壁は見なかったことにしてもらおう。

IMG_7415.jpg
スペース的に厳しいので支持力アップにつながる筋トレしかできないが、やるとやらないでは大きな違い。
支持状態で輪を引き寄せる筋トレだ。

これでつり輪だけでなく平行棒、あん馬も変わってくれるといいのだが。

IMG_7414.jpg
で、これは取り付け部分。
附属のベルトでは届かず1mの玉掛けワイヤーで長さを追加。
余ったベルトは切ってもよかったのだが・・・
会社の倉庫にも取り付け可能で、そうすると脚前挙や倒立もできる。
その場合玉掛けなしのベルトだけでいけるので切らずにというわけだ。

その分、見栄えが・・・(> <)

復帰直後からやっておくべきだったんだよね。
追い込まれてから動くのが亀んちゅの悪いクセ。

さぁ、年末の手術までに貯筋しておかなきゃ!

スポンサーサイト
2017/03/10 09:48|体操競技部TB:0CM:0

本物

先日、母校体操競技部の祝勝会に出席した。

記念品がコレ。
IMG_7315.jpg
今まではクオカードとかポケットに入る品物だったのにクリアファイルとは・・・
折り曲げられないし、2次会へ突入するには不便である(笑)

母校競技部の輝かしい成績を誇りに思いながらも、OB同士での再開を楽しむ。
23年振りに顔を合わせる仲間もいて現況と思い出話に花が咲く。

ちなみにクリアファイルの右端は亀んちゅ一推しの谷川選手。
彼には東京五輪に出て欲しい!出れるだけのモノは持っている!
頑張って欲しいと切に思う!
もちろん他にも狙える選手はいる。みんな頑張って欲しい!

そして・・・もっとも楽しみな2次会。
7つ上の先輩から9つ下の後輩まで6人で居酒屋で。
先輩も後輩もみんな頑張ってるのがよくわかる。もちろん体操だけのことではない。
亀んちゅも頑張らないといけないなと痛感する。
この刺激がもっとも求めているものであって、ヤル気を出させてくれる。
ただ楽しく騒いでいるようで勉強なのだ。
飲み会で何かを得るか得ないかは本人しだい。
いい飲み会になったと実感できる飲み会はいい飲み会だと思う。

そんな中、先輩からJAPANのバッヂをいただいた。
IMG_7313.jpg
本物です(笑)
どこにも売ってません。

若い頃は自分の力で手にしたJAPANグッズ以外は無意味と思っていたが、
亀んちゅには自ら手に入れる能力はない!
ならば永遠に手にしないと思っていたのだが、この歳になると・・・
素直にうれしい(笑)

さぁ、試合まで8ヶ月ほど。
頑張って練習しよう!
2017/02/13 16:47|体操競技部TB:0CM:0

亀んちゅクラブの危機

2011年10月、亀んちゅは交通事故に遭った。

歩行中にクルマにハネられ、意識不明でドクターヘリにて急送されたのだが、
顔面骨折2ヶ所に右膝内側側副靭帯の部分断裂、右肘裂傷、右肩腱板損傷という結果に。
不幸中の幸いで脳にも異常はなく、身体も後遺症は出ないとの診断。

ホッした亀んちゅは練習を再開したのだが・・・
右肩の痛みは取れず、筋力も回復していかない。
練習を再開した時から4年経ったにもかかわらず、技が回復していかないのだ。

今年の試合での肉離れで病院に行ったのを機に肩専門ドクターの診察をお願いした。
(肩専門ドクターがいるのを知っていて、その病院を選んだのだが)

MRI検査の結果・・・4本ある腱板のうち3本が完全にブチ切れていた。
筋の萎縮も進み、40mm以上も縮んでしまっていた。

肩
図(亀んちゅの書いたヘタクソな図)の赤丸部分が腱板なのだが、この3本が切れてしまっていた。

アウターマッスルでカバーして、練習を続けていたのだが、ドクターが言うには・・・
「この状態で体操競技なんてやってること自体が信じられない。」
「一般人なら腕をあげることも困難なレベルで壊滅的。」 だそうだ(笑)

ここまできてしまったら、オペ以外の治療はないと断言され、肩専門ドクターが複数いる病院でのオペをすすめられた。


さて、問題はいつオペしてもらうか!
競技との兼ね合いをみると選択肢はいくつかある。

① 今すぐオペして引退
② 引退してから(あと20年後)オペ
③ 今すぐオペ~リハビリ~復帰
④ もう少し(1、2年)試合してからオペ~リハビリ~復帰

こんなところだろうか。

①は亀んちゅの意識ではありえないが、家庭や仕事的にすすめられる(笑)
残りの選択肢はオペのタイミングが競技生活の最初か途中か最後かの3択ってこと。

コワイのはオペ後に満足のいくパフォーマンスができるかどうか。
完全復帰には時間が必要だし、その間に老化もしていく(笑)

だったら満足のいく試合をしてからオペがいいのかもしれない。

ただドクターが言うには・・・「この状態でパフォーマンスレベルを上げるのは難しいでしょう。」
「オペ後のリハビリがうまくいったら、今以上のパフォーマンスは可能」とのこと。

そりゃ悩むよね。

第2の体操人生、《第1の体操人生にどこまで近づけるか》で頑張っているのに・・・

もう少し決断するまで時間がかかりそうだ。

2016/10/12 11:19|体操競技部TB:0CM:0

亀んちゅクラブ結果

9月4日、全日本マスターズ体操競技選手権大会。
亀んちゅは惨敗でした。

9月3日、受付を兼ねて、友人や後輩の試合を観に会場へ。

友人も後輩も同じ3試合目。
試合が始まり最初の種目「ゆか」。後輩の出番だ。
コケた!あれ!? 立ち上がらない。
ありゃ!アキレス腱、切れたっぽい。
急いで観客席からアリーナへ。やっぱり切れてた。
病院行きのタクシーへ乗せるまでの世話をしながらのジョーク。

亀んちゅ「ほら、こうやって世話しておけば、今度アタシが切れた時に助けてくれるじゃん。」
後輩「間違いなく助けます!」
亀んちゅ「明日だったら助けてもらえないけどね。」
後輩「それだとムリっすね(笑)」

などとアホな会話をしつつ見送る。

急いで観客席に戻るが友人の試合は半分終わっていた。
この場合仕方ないかと自分に言い聞かせ、残りの種目を応援!

S__19693571.jpg
試合後の友人とパチリ!
タイトル文字にちょっと被るという失態(笑)
IMG_6702.jpg
その後、観客席でお世話になった先生方とパチリ!
H先生「〇〇の結婚式以来かな?」
亀んちゅ「はい。ご無沙汰してます!」
15年振りくらいの再会で体操トークに花が咲く。
R先生「まだしよっと?ケガせんごとね!佐賀にきたら顔遊びに来んね!」
R先生とは20年振りくらいだ。
学生時代の国体合宿でも「うちに泊まりにきてよかぞ!」
と、直の教え子でもない亀んちゅを昔から可愛がってくれる。
ありがたい限りで、感謝以外何もでてこない。
また佐賀での再会を誓って会場を後にする。


そして肝心な亀んちゅの試合。
最終試合だったのでライバル選手の結果は知っている。
優勝も狙える!少なくとも銀は獲れる!
気合十分での最初の種目、跳馬!
な、なんと!失敗どころか両ふくらはぎの肉離れ!(試合後の診察にて)
なんとかならないものかと、次の平行棒を棄権してテーピングに没頭。
でも、なんとかなるレベルではなかった(そりゃそーだ)。

結果、3種目棄権、ケガした跳馬、下り技ナシの鉄棒とつり輪。
試合にならなかった。
後輩はやっぱり助けに来れなかった(笑)

IMG_6704.jpg
一緒に回った選手とパチリ!
ケガして盛り上がれなくてスミマセンでした。
あれ!? もうひとりケガ人がいる。しかも松葉杖!
この班、ボロボロだなと後でみんなで笑う。

ケガをしたことは何とも思わない。
が、試合にならなかった悔しさといったら・・・
しかも勝てる試合だっただけに。
ホントはケガしてる時点で勝てる実力じゃなかったんだけどね。

今大会の収穫は40代強豪選手の演技を見れたこと。
ケガを診てもらうために病院へ行ったことで、肩の専門医(肩は5年前から壊れている)に診てもらう予約もした。
この2点を収穫として、来年に向けてスタートだ!
2016/09/06 11:45|体操競技部TB:0CM:2

亀んちゅクラブ

さて、週末は亀んちゅ、年に一度の試合です。

会場はエスフォリタアリーナ八王子(八王子市総合体育館)。
なんと、日帰りコースではないか!
受付をしに前日に会場には行くが、その日も帰り。

ってことは全国にいる知人たちとの時間を作れないってことに・・・(> <)

で、肝心の仕上がりはというと・・・
最悪ですね~。最後の練習となる昨日もたいして動けなかったという状態。
やりかけていた技を披露するのは少々危険かな。


演技内容は昨年と同じ。あん馬は棄権するけど(> <)
新たに挑戦する予定だった技は見送りということになりそうだ。
その分、リスクは下がるので得点の予想は立てやすいんだけどね。
攻めたかったけど、ポロポロとコケるような体操はやりたくないし・・・
心の中は複雑だ。
「おぉ~っ!」と思うような演技・技をやりたい気持ちとできる技で美しく演技したい気持ちの間で揺れる。
学生時代の7試合(42演技)やってミス1つだった頃の亀んちゅはいない。
年齢や故障と戦うただのオッサンになってしまったのだなぁ。
自分じゃないような自分を認めるツラさとも戦うのが中年体操選手。

とりあえず賞状くらいは貰ってかえりたいところではある。
今年の40代のエントリーは47人(全世代で303人)。出場人数としては昨年と似たようなもん。
みんな、ちゃんと継続的に試合に出ていてスゴイなぁと思う。

試合が終われば治療に重点をおいた練習(?)に切り替えられる。

ケガしないように頑張ってくるか。
疲れをとってベストな体調で試合に挑む!
それしかない!それ以外にできることがない!(笑)
2016/08/29 16:49|体操競技部TB:0CM:0

リンク 

このブログをリンクに追加する

メールフォーム 

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

QRコード 

QR

Copyright(C) 2006 亀んちゅの部活動 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.