FC2ブログ
亀んちゅの部活動

部活動の記録 ☆カメ飼育繁殖日記・サボテン栽培日記・釣行記☆

ホーム 全記事一覧 << 前ページ 次ページ >>

プロフィール 

亀んちゅ

Author:亀んちゅ
カメが好き!サボテンが好き!
釣りが好き!カラオケが好き!
体操競技が好き!
趣味を部活と称す
亀んちゅの部活動の記録...

 

カテゴリ 

最新記事 

最新コメント 

カメ採集

カメ採集に行ってきました!
今までのライトが壊れ、性能が下がった分だけ歩くスピードも遅い。
その分だけ捕獲数も少ない。

38891.jpg
ライトで照らしてカメがいるとテンション上がる~
気のせいかもしれないが、照らされて逃げ出すカメが増えたような…
シャッターチャンスが少なかった気がしてならない。

38890.jpg
捕ったのはこれくらい。
カケが酷い個体はその場リリースだったから30匹いかないくらいかな。
印旛での最大個体サイズ更新!
でも測ってないから、アヤフヤな感じで次の更新が不確実になっちゃうな。
今度からメジャーも持って歩かないと。
今回も持ち帰り個体ゼロだから、後で計測ってわけにはいかない。

38888.jpg
小さなカミツキガメもいました!
個人的にこのサイズの捕獲は初めて。
というより、水路以外(田んぼ)での捕獲が初めて。
サイズがサイズだけに連れて帰りたい衝動に駆られる(笑)
でも持ち帰ってもただ飼うだけになるし、違法だし…(笑)

後ろ髪を引かれる思いで、捕獲しなかったことにして帰路についた亀んちゅであった。
2020/06/22 11:58|その他TB:0CM:0

2020産卵3

今回は人工芝の上で穴掘りを頑張ってる個体を発見!
すぐさま産卵場へ!
こうなってくると普段の生活している水槽内の産卵場の意味は??(笑)

37617.jpg
穴掘り開始!
さっきまで人工芝の上でやってたのに、場所が変わるとまたやり直し。
1時間以上ウロチョロしてここに決めたようだ。

2020産卵はすべて同じ場所。
産める場所はいくらでもあるのに3個体ともほぼこの位置。
そそられる何かがあるのだろうか・・・
人間にはわからない何かが・・・

37616.jpg
産んだのは2卵だけ。

37618.jpg
この親からは昨年、こんな仔が死籠ってた。
当然期待は膨らむ!

だが・・・この2卵は発生しなかった。
今年も色変は誕生しない年になるのか・・・

2020/06/03 13:28|クサガメTB:0CM:0

2020産卵2

仕事へでかけようかと出勤前の一服。
クサガメ水槽に落ち着きのないヤツがいる・・・

穴掘り動作をしているわけではないが、念のため産卵用別ケージへ放り込んで出勤。

産んでるかなぁ・・・と期待して帰宅。
ちょうど穴掘り最中!
これからかよ!と思いながらも写真も撮れてちょうどいいや。

37182.jpg
産卵床の水分が少なかったようで苦戦中!
霧吹きで水分を足してあげてカメ部屋から退散!
晩ご飯食べたりで2時間ほど経ってチェック!
お~、終わってる!
卵ナシで埋め戻しただけって経験もあるから、卵を見るまで安心はできん!

37180.jpg
ちゃんと産んでました~
5卵。
のちの確認で4卵は発生してる。
今回はヘテロ♂とも同居させてるのでホモも出るかも!
最低でもヘテロってのはありがたい!

先日のヘテロ・・・エサは食べていたものの調子が上がらず、大量の血を吐いて死んでしまった。
何が起きたのかもわからず・・・
ポシブル生産工場にもならなかった。
発生している1卵がちゃんと孵化することを祈るだけ。
願わくばホモで誕生して欲しい。あくまで願い。

今年のクサガメ繁殖はどうなっていくのか不安だらけの亀んちゅでした。
2020/05/27 15:05|クサガメTB:0CM:0

屋外イシガメ

友人の昆虫採集仲間からイシガメをいただくことになりました。
屋外水槽が1本空けることができるので、ありがた~く頂戴しました!
これを機にイシガメブリードも始めてみようと思います!

36465.jpg
♀が6匹。
即戦力もいれば、まだこれからの若い個体もいる。
すべてが成熟すると、結構なスペースが必要になってしまうのが心配かな。

36464.jpg
♂が4匹。
リッパなサイズのがいるなぁ!
♂が4匹もいると安心感が違う!
問題は繁殖した時に誰が父親なのかがわからないってところ。

36463.jpg
屋外120cm水槽で暮らすことになったのだが、狭いなぁ。
水深も20cm程度で浅い。
いずれもう1本の屋外水槽へ引っ越しだな。

もう1本の水槽はこっちの倍の水量だし、繁殖組と育成組で分けることになるでしょう。
現在のもう1本の屋外水槽にはクサガメ♀・ウンキュウ♀・アカミミガメヘテロ♂♀(若く小さい)が入っているだけ。
彼女らには室内に引っ越ししてもらいましょう。

それにしてもイシガメたちの嫌がり方がハンパない!
入れてすぐに脱走したがっているのが丸わかり!
2日経って少しは落ち着いた感じではあるが、環境変化・水質変化のストレスが抜けるまでは要観察!
せまい水槽に閉じ込められたストレスは???

それを言ってしまったらカメは飼えません。

何よりカメの水槽飼育そのものがやってはいけないというのが答えなのはわかっている。
人間ってダメな動物だな。
それでも人間のワガママで飼育を楽しんでしまうのが人間。
亀んちゅは来世でどんな生物になるのだろう?
心配(笑)
2020/05/12 14:38|ミズガメ部TB:0CM:0

2020産卵1

前回の記事で亀んちゅクラブには光が差し込んできた!
と思っていたのだが、この状況!
練習できない日々が続いて試合なんてできるのだろうか…。
9月の試合が開催されたとしても、練習不足には変わりはない。
この競技だけは練習不足で試合をするわけにはいかない。
ホントに死にかねない競技ですからね~。

自粛生活でカメやサボテン・多肉植物の世話ははかどっているのは良いこととしよう。

36235.jpg
Pachypodium saundersii
カッコイイ・丈夫という文句ナシのパキポディウム!
トゲの間隔が開いているのは徒長かな。
冬の間に痩せてこんな感じ。
これからの季節でバンバン肥っていくでしょう!
その時との比較用に。

で、2020年最初の産卵!
36229.jpg
昨年ヘテロ確定のこの個体

36230.jpg
4卵だったが、発生しているのは1卵だけ(;_;)
こうやってみると回収直後でもわかりますな。
22329.jpg
こんなのが誕生するといいなぁ。(写真は昨年この親からの死籠り)
ヘテロからのホモ誕生は理論4分の1。
ってことは4卵のうち1卵くらいはホモ。
でも4分の1しか発生してないから、今回の有精卵からホモ誕生は16分の1ってことか。
実質20分の1、5%くらいの希望しかないということか。
ん~ポシブルヘテロ生産工場になりかねないぞ(笑)


2020/05/07 15:03|クサガメTB:0CM:0

リンク 

このブログをリンクに追加する

メールフォーム 

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

QRコード 

QR

Copyright(C) 2006 亀んちゅの部活動 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.