fc2ブログ
亀んちゅの部活動

部活動の記録 ☆カメ飼育繁殖日記・サボテン栽培日記・釣行記☆

ホーム 全記事一覧 << 前ページ 次ページ >>

プロフィール 

亀んちゅ

Author:亀んちゅ
カメが好き!サボテンが好き!
釣りが好き!カラオケが好き!
体操競技が好き!
趣味を部活と称す
亀んちゅの部活動の記録...

 

カテゴリ 

最新記事 

最新コメント 

2021産卵3・4・5・6・7

しばらく仕事が忙しかったの言い訳にするが、ブログも飼育も手抜きがちだなぁ。
まとめて記録するが、撮影も手抜きでホントただの記録になってしまった。

59095.jpg
6月28日産卵 キボシ。
歪な卵で期待してなかったが、案の定カビて終わり。
すでに記録がいらない状態(笑)
まぁ、昨年はいつ産んだっけ?って時にしか役に立たない。

58969.jpg
7月1日産卵 ポシブルヘテロクサガメ。
なんと!異例の浅い場所での産卵で1掘り目で卵1つ割っちゃった。
ポシブルといいながらもアルビノ遺伝子は持ってないと思う。
過去に1匹の誕生してないし。
ただのプチパステルだが、仔もパステル入ってる仔が誕生するから無視はできない。

58968.jpg
7月5日産卵 ラベンダー2ndクラッチ。
1st、2ndクラッチ共に有精卵は半分。
何が悪いんだろう??
個人的には♂が小さくて交尾が成功率が低いのではないかと疑ってるが・・・

58963.jpg
7月8日産卵 ペンシルバニアドロガメ。
ちょっと前から産卵場に放り込んでおいたのだが産まず。
水槽に戻した翌日に産卵して食された。
まだ持っていると判断して産卵場へ逆戻り。
そしたら産み落とし。
翌日水槽に戻して、またもや水中産卵。
卵は発生せず・・・完全にタイミングを逃したのでしょう。

59096.jpg
7月13日産卵 パステルクサガメ。
なんと、たったの1卵。まだ産むかもしれないので産卵場へ放置。
ちゃんと発生してくれればいいかど・・・
変な産み方が気になるところ。
一番期待しているカメだけに、なんとかベビーを誕生させたい!










2021/07/14 14:05|その他TB:0CM:0

2021産卵2

今朝、ちょうどサボテンも開花したので、テーマ黄色で。

57649.jpg
黄唇竜
完全には開ききってないけど、15cmの花サイズ!
これくらいにならないと花を咲かせた気がしなくなっている贅沢な亀んちゅ。

で、本題のカメ!
黄色がテーマなんでキイロドロガメ!
テーマが先か材料が先かはつっこまないで!

57672.jpg
そろそろ産卵の時期。
今年は気配を感じないうちから産卵場へ放り込むことにした。

放り込んだことを忘れて10日近く経っていた(笑)
あ、痩せてる!(写真撮り忘れた)
産んでるっぽい!
ということで掘り出し!
あった、あった!
この個体は毎年4卵の1クラッチ。

57675.jpg
産卵も終わったことだから、次の♀を放り込んでおくか!
放り込むとは・・・産卵場へポン!そしてフタして終わり!
文字通り、放り込む感じ。

こっちの♀は・・・調べてみるとちゃんと回収できたのは2015年!
なんと情けない!

以前は産卵時期は開放していたのだが、行き来で水が汚れるのが面倒で・・・
簡単に言えば”手抜き”(笑)

57615.jpg
前の♀で放置してしまったので、今回はちゃんと様子をみよう!
と、フタを開けると・・・
これは産んだっぽいな!

しまった!シャベルでおっかいちゃった(T T)

こっちの♀は毎回3卵1クラッチ。
個体のサイズの問題かな。

計6卵の回収!

近年、ちゃんと回収できてなかったから、よしとしましょう!
2021/06/07 10:33|ドロガメTB:0CM:4

2021産卵1

ネタのないまま随分と時間が経ってしまいましたね~
なかったわけでもないですが、昨年のベビーを不注意で3匹死なせてしまった(T T)とか、
あらたに新しいカメを導入したとかくらいしかなかった。
片方の腕が動かない亀んちゅは写真を撮るのも億劫だったもんで・・・

まぁ、リハビリは順調でそろそろ練習も再開できるかなといったところ。

さて、今年も産卵のシーズンがやってきました。
2021年の1発目は・・・
56828.jpg
ラベンダークサガメでした。
陸上での掘り掘り動作の前にやたらと脱走を図ろうとするので、兆候がわかりやすくて助かる~
兆候がでたら産卵場へ放り込み翌朝回収という簡単さ。

56836.jpg
5卵でした。
現在、発生しているのは3卵。
ちょっと長い形の変な卵は発生せず・・・

57074.jpg
おっと!厳密には1発目ではなかった。
ちょっと前にクロコブが産んでたんだった。
柔らか~いダメ卵だったので忘れかけてた。
なんだかんだでベビーを拝んでいないクロコブ。
なんとかしないとなぁ。
2021/05/25 13:22|クサガメTB:0CM:0

オペ

亀んちゅのオペが決まりました~
どうするのかの決断は11月24日の診察で!ってことだったので早くても1月半ばのオペになるのかなぁ・・・
なんて思っていたら、結構空きがあった!
コロナの影響なんですかねぇ。

ということで、12月17日のオペしてもらうことになりました!

今回の入院は短くて済むので生き物の心配もあまりないかな。
通常3週間の入院ですが、亀んちゅは特例でOKもらいました!

その理由
1.右肩の時より2ステージ軽い断裂である。
2.術後の再断裂の危険が少ない。
3.腱板のリハビリ経験がある。

これで退院は自己申告ってことになりました!

なんせ前回がヒドすぎて(笑)
通常90分以内のオペが5時間半かかり、通常5本の糸を使うのが15本使った。
「亀んちゅさんの場合、クシャミでも再断裂の危険がある」といわれ、
「正直、再断裂すると思っていた」とも言われた。
それを院内のリハビリ時間以外もガンガンやった。
もちろんこれ以上はヤバイとか考えながら、自分の身体と相談しながらリハビった。
おかげで回復も早かった!
「あれを乗り越えていれば、今回は楽勝でしょう!」とのこと。

それを聞くと2021年の試合も間に合うのではないかと希望が持ててきた!

とりあえず頑張ってきます!

全然カメが出てこないのもアレなんで・・・
今年のクサガメベビーの成長具合を。

46435.jpg
背甲。黄色マークはヘテロ。水色マークはポシブルヘテロ。

46437.jpg
腹甲。パステルアルビノとヘテロは♂確定!
予定通りでよかった!
アルビノはそのまま種親としてキープ!
ヘテロは今後も誕生するであろうポシブルヘテロ♀の検証用にキープ!

となるとポシブル♂は不要で、ポシブルは♀を生産していくことになる。

なんかクサガメ以外は進んでいないが、これをモチベーションに頑張っていこうかな。

2020/12/14 11:10|体操競技部TB:0CM:0

亀んちゅクラブ

2年振りの試合が不完全燃焼に終わった亀んちゅ。
来年に向けて練習方法を大きく変えた。
補強メインで練習するための練習をみっちりやることにした。
現在の筋力ではやりたい技をやれる身体ではないと自覚したことで新規一転。

かつての感覚も残っていることから、ある程度の技はできてしまう。
でも体操競技の技はその技に対しての筋力と感覚のバランスで成り立つものだと思う。

数値に変えて例えると感覚100筋力100のトータル200で技をマスターするとしよう。
マスターしたとは言わなくても感覚50筋力50のトータル100で技として成立するとする(完成度は低いが技としては成立)。
本来、新しい技に挑む場合感覚10筋力20のトータル30くらいから始まるとしよう。
その技を練習していくことで感覚や筋力が上がっていき感覚50筋力50あたりで技が「初めてできた!」となる。

そして、ブランクを経て復帰した場合・・・感覚80筋力20の状態での挑戦となりトータル100あるもんだから技ができる。
ところが技はできても筋力は足りてない!
50-20で30の筋力が足りないまま技が成立してしまう感じだ。
その不足した30の筋力不足は身体への負担となり壊れる。
これが年寄り競技競技者のメカニズムではないかと考えた。

そんなわけで身体つくりに重点をおくことが競技レベルの回復の早道ではないかと思い、練習するための練習に切り替えた。

が、試合前から少々痛かった左肩。
試合が終わってさらに痛みが増し、なかなか引かない。
腕を回す時の違和感がイヤなことを思い出させる。

というわけで右肩をオペしてくれた先生のもとへ。
MRI検査の結果を聞きに診察室へ。
先生の第一声「残念なお知らせがあります」
あ~やっぱり切れてたか・・・
今回は15mmほど切れてしまっているようだ。
治療はオペのみ。

やっと前回のオペから復帰したのに…(T T)

さらに新たな事実も発覚!
亀んちゅの感覚では棘上筋だけではなく背面にも違和感があった。
「うしろも違和感あるんですけど、棘下筋とか大丈夫ですか?」
それから画像をチェックしてもらうと・・・
「小円筋(棘下筋と並んでいる筋肉)が委縮してますね」「腱板はしっかりしてるから神経じゃないかな」
16歳の時に首から落ちてズレているのはわかっていた。
レントゲンを撮ると案の定ヘルニアということで(T T)
これもオペしかないそうなのだが、再び神経が通ってくれるかはわからないと。
30年以上使えない筋肉になっていたことで右の小円筋の半分の太さしかない。
あ~亀んちゅはマジでポンコツなんだな。

もはやどうしていいものやら・・・

引退する気はサラサラないが競技者として上がっていくことは不可能なのか?
どんなモチベーションで練習していけばいいのだろう。
悩んでも仕方ないので、まずは左棘上筋のオペをしてもらってから考えよう。

来年の試合に間に合うといいなぁ。

2020/11/10 10:56|体操競技部TB:0CM:0

リンク 

このブログをリンクに追加する

メールフォーム 

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

QRコード 

QR

Copyright(C) 2006 亀んちゅの部活動 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.